消費者金融を上手に活用するには?

労働者から見れば羨ましくさえ思えることもあるニートですが、ことお金に関してはそうは言えません。

どこかから借りるにしても親のことを考えて思いとどまるよう説得しに来る人もいるかもしれません。

いったい誰にそんな願いを持ちかけるか、考えもつきませんが、どんな会社の融資担当でも貸してくれるどころか、ニートに貸すお金などないと追い払われるのがおちです。

でも、お金を貸すことのとらえ方は人によりけりです。

家族や親族などの中で、ニートではあっても借金に応じてくれるかもしれません。

お互いの信頼感さえあれば、別に他人に迷惑をかけなければ何も言う事はありませんし、収入保証も、返済期限も気持ち次第でどうにでもなります。

消費者金融は昔よりも身近なものとなりましたが、その実体は同じです。

消費者金融はあくまでも利子つきのお金を貸す業者であり、返すことができないと痛い目をみるのは昔と同じといえます。

安直な気持ちでお金を借りるのはやめましょう。

利用するなら、「返さないと重大なことになる」ことを心に留めて使うようにしましょう。

キャッシングやカードローンでは、借り換えを上手に使っている人たちがいます。

借り換えそのものは珍しくありません。

期日までに返済するのが難しい場合、新しくローンを組み、そのお金で、古いほうの債務を一括繰上返済するのです。

延滞せずに済みますし、返済日も少し伸びます。

ただ、返済日は伸びるものの、借り換えローンでは利率が高くなったり、長期にわたって返済することになれば利息分の負担も増える点も考慮しなければなりません。

たった1回間に合わないだけなら、借入先に連絡すると対応してくれます。

借換をするなら本当に必要なのかきちんと検討するようにしてください。

お金を早く返すと得をする制度を利用した場合、ATMからクレジットカードで借りたお金のお金を借りている時間を短くしたり、総返済額を劇的に減らすことが可能となります。

ただ、融資の条件により繰り上げてお金を返すことが不可能な場合や決められている以上の金額でないと繰り上げてお金を返すことが出来ない可能性があるため確認してみてください。

参考:消費者金融どこがいい?おすすめランキング!【初めてでも安心は?】

消費者金融のキャッシングと銀行カードローンは似て非なるものです。

両者それぞれ、メリットデメリットがあるので比較してみることにします。

消費者金融のメリットはずばり審査時間が早いといったことなどがありますが銀行カードローンと比較して金利が高めに設定されていたり、借入限度額が低いというデメリットがあります。

銀行は銀行法、消費者金融は貸金業法と法律が異なっており貸金業法には総量規制と呼ばれる特別な規制がかかっています。

これは、借り過ぎを防止するために設定された規制で借り手の年収の1/3を超えてはいけないというものです。

ただし、住宅ローンやマイカーローンなどといった担保を付けるローンは除外されキャッシングやカードローンのような無担保ローンのみに適用される規制です。

消費者金融と言うとサラ金や怖い人というものが連想され怖いというイメージを持つ人がいまだに多いですよね。

バブル崩壊期は法律を無視した反社会的集団による暴力的な取り立てや時間などお構いなしに自宅へ押しかけ恫喝をしたり乱暴な取り立て行為が横行していました。

近年、ようやく法律が改正され銀行傘下に入る企業が増えたことによりブラック企業の面影はなくなっていると言えるでしょう。

最近では、テレビやラジオのCMに今和田の人気タレントを起用したり借金を意識させない内容でイメージアップを計っています。

一方で内容がイメージ戦略に偏りすぎているCMも多く何のCMだか全然分からないという声聞こえてきます。

複数の消費者金融から融資を受けている人は多重債務者と言ってどこからも貸してもらえなくなる可能性があります。

結婚式が何件も続いてしまったなど予定外の出費に、給料日までお金がないということがあると思います。

そんな時、カードローンなら簡単に申し込みができ担保や保証人も不要で手軽に借り入れることができます。

最初は不安に思っていても、一度カードローンを利用すると簡単に現金を入手することができるので自分の口座から預金を引き出す感覚で、どんどん借金を重ねてしまう人も多いようです。

そのような借り入れ方だと、あっというまに限度額に達してしまうため他のカードローンと掛け持ちすることになりかねませんので注意して下さい。

わりと簡単に借入可能と言われているのが消費者金融ですが審査能力は非常に高いです。

審査基準が高いというイメージが強い銀行カードローンですが、審査しているのは消費者金融業者だってご存知でしたか?貸金業法が改正され大口融資ができなくなった消費者金融業者の多くは銀行の保証会社となることで銀行グループの傘下にはいりました。

一般的なイメージでは消費者金融と比べて銀行の方が全てにおいて長けていると思うかもしれませんが審査の能力やシステムに関しては消費者金融の方が数段上手(うわて)です。

銀行業務では業務の一部として金融も行っているだけなので融資を本業としている消費者金融の方が、与信審査の専門性が圧倒的に高いのです。

消費者金融というのは貸金業という法律で規制されているので銀行を規制する銀行法とはまた別の法律の適用となります。

貸金業法と銀行法の一番大きな違いは貸金業法には総量規制という融資金額の制限があることです。

総量規制というのは、個人の年収の1/3を超えて融資はできないというものでこの規制により、利用者の借り過ぎを防ぐ効果を目的としています。

そのため、専業主婦などは消費者金融に借り入れ申請をしても仮審査も通りません。

一方、銀行は銀行法によって規制されていますから総量規制はありません。

人気が高い金融機関の理由は金利が安い、審査が早いなどがあげられます。

しかしながら、消費者金融は総量規制があるのでサービス内容で個性が出しにくく借入限度額に関しても、借り手によって左右されるので大きな要因にはなり得ないと思われます。

人気ランキング上位を見る限りいずれの消費者金融も審査時間が最短30分であったり、金利は最大18.0%程度なので大きな違いはありません。

条件云々よりも、スムーズに手続きが完了するかどうかや自動契約機があること、提携ATMが多いことがランキング上位の条件のようです。

そのほかには、CMで起用されるタレントさんやCM全体を通して伝わってくるイメージも大きく影響しています。

通常、消費者金融のキャッシングの金利は銀行カードローンよりも高金利となる場合が多いです。

消費者金融のキャッシングの適用金利は3.0%から18.0%が一般的ですが銀行カードローンは1.9%から14.5%(楽天銀行)ですから、かなり低金利なことが分かります。

消費者金融の最大貸出限度額は、500から800万円と設定されていることが多いのですが銀行カードローンは一部の銀行を除いて800から1 200万円まで借り入れることが可能です。

反面、銀行カードローンの場合は事業用資金に使えないなどの制約がありますが消費者金融のキャッシングは事業用資金として使用することを認めている場合が多いです。

又、銀行カードローンの場合は口座を開設するなどの条件を付けられることがありますが、消費者金融の場合は預金機能がないので、口座開設などといった条件が付随することもありません。

消費者金融のキャッシングの審査は割と通りやすいため審査に落ちる人には、落ちる原因があると思います。

過去に自己破産や返済が遅延させた事がある人はブラックリストと言って、金融業界では要注意人物としてマークされます。

また、総量規制という年収の3分の1を超える借り入れはできない規則に抵触している可能性もあります。

つまり、年収300万円の人は100万円が限度額ということですが、すでに50万円の借金がある場合は新規では50万円が限度額ということになるのです。

又、複数の金融機関から借入がある人は多重債務者と呼ばれ、どの消費者金融でも貸し渋りが起きます。

消費者金融のキャッシングは簡単に借り入れることができ好きな時にATMで返済できるので借金をしている感覚を感じさせないほど手軽に利用することができます。

ですが、カードローンは使い方によっては非常に有用なものなのですが住宅ローンなどの大きなローン組めなくなることが心配されます。

特に住宅ローンは数十年に渡って数千万円を返済していくローンなので借り入れを希望する人はまずは金銭的に安定していることが求められます。

カードローンを利用している人は慢性的な金欠状態と判断され事前審査の段階で落とされてしまう確率が大きいのです。

返済済みであってもローンカードを所持しているだけで審査は不利になりますから住宅ローンを組むことになった場合、カードローンは解約しておいたほうが無難です。

近頃の消費者金融といえば法律の改正やCMでのイメージアップ効果によって年々、ブラック企業というイメージは払拭されつつあります。

最近では就職先としての人気も上昇中なようなので消費者金融業界の知られざる業務内容や労働条件を詳しく解説していきましょう。

業務内容について紹介すると、まず債務者の個人データをパソコンに入力管理し、返済遅延者には電話やメールで督促のお知らせを通知します。

就職に際して必ずしも取得しておくべき資格はありませんが店長(責任者)になるには「貸金業務取扱主任者」の資格が必要となります。

気になる年収ですが大卒の初任給で20から30万円程度で成果を上げることでボーナスという形で評価してもらえます。